東京土産の新定番!プレスバターサンドVSニューヨークパーフェクトチーズ

東京銀座に事務所を構えると言えば聞こえはいいし
実際住所は間違いなく東京都中央区銀座なんだけど
裏通りにある雑居ビルの3階
小さな事務所には今日も私と絵理沙の二人だけ

絵理沙は5年下の後輩で、小さな、事務員二人のこの会社では大切な仲間だ

 

 

「先輩、どう思います?」
「んー・・」
「実際食べてみないと分かんないですね?」
「まぁ・・」
「こんな事まで、私たちの仕事なんですかね?」
「まぁ、ねぇ。 しょうがない。小さい会社だし」
「ですね、分かってまーす」

綺麗に捲かれた髪を指先で弄びながら絵理沙が笑う
私たちは今、流行りの東京土産を探している
社長が奥様の実家に行く際の手土産らしいのだが
10年この会社に勤めていて、こんな事を頼まれたのは初めてで
社長は隠そうとしているが
多分、いや、きっと喧嘩して実家に戻った奥様を迎えに行くのだ

「まぁ、でも。社長にあんなに申し訳なさそうに頼まれたら断れないですよね」
「うん、珍しかったね」
「レア社チョー」
「何それ」
「新しいポケモンの仲間です」
「はははは」

笑ってしまった

この会社は小さいけれど、営業に出ている男性社員含め皆仲がいい
社長ももちろん、尊敬しているし関係は悪くない
だからこそ、完全プライベートであろうこのお願いも聞いているのだ

「私はこっちのが断然気になるんですよね」

絵理沙が見ているのはプレスバターサンドのHP

 

 

「でも、これも美味しそうじゃない?」

 

 

私はニューヨークパーフェクトチーズのHP
どうやらこの2択まで絞られた

「私たちがこんなに真剣に人様のお土産選ぶなんて、ホント感謝して欲しいですね」
「ん。でも案外楽しいけど」
「分かりますー!私絶対どっちも自分で買っちゃうと思います」
「太るよ」
「良いんですよ、食べたいときは食べたらいいんです!」

絵理沙が笑っている、私もつられる

たまにはこんな日があってもいい
毎日毎日同じじゃつまらない
明日は明日。
今日の分も働けばいいのだ

散々悩んで決められずプレスバターサンドとニューヨークパーフェクトチーズ
両方の情報をメモに残し、社長のデスクに置いておく
後は奥様の好みを鑑みて、決めてもらおう。

 

 

「おはよーございまーす」
「おはよー」
「あれ、どうしたんですか?」

絵理沙が目を輝かせている

「お礼だって、社長から」
「マジですか⁉ やったー、食べましょ!」
「はい、はい」
「私、お茶入れまーす」

 

ーーーありがとう、助かりました。平田君とどうぞ

 

社長のこういう気づかいが、皆が慕う所以だろうか

 

 

「んー、このチーズの風味美味しいですね」
「こっちのキャラメルも濃すぎずいいよ」
「ほんとだー、クッキーさくさくだし」
「ね。この軽さでこのチーズ感もすごいね」
「ですよね?  これ、食べ比べても決められませんね」
「そーだね」
「社長、どっちにしたんだろう?」
「どーだろうね?」

ーーー助かりました。
きっと仲直りは成功したに違いない
自分の事ではないけれど、自分の事のように嬉しい気持ちになった
暖かい気持ちになった

私は一人暮らしだし、彼氏もいない
特に欲しいとも思わない

共に働き、デスクを並べていても皆には皆の会社とは違う顔があるんだな
ふと、そんな事を思った
私と絵理沙が、2つのお菓子を決めれなかったように

価値観が違う、喧嘩をする・・

それでも誰かと居たいと思う
それは素敵な事なんだな。と思う
いつか私にも、そんな相手が出来るだろうか・・

「んー」

絵理沙が一つ伸びをする

「さ、先輩!今日も一つ、働きますか!」
「・・うん」

今日も同じ一日
でも昨日とは違う一日
毎日新しい一日

 

 

迷い、悩み、ぶつかり、選び、進む。
今日は何を選び、どこに進路をとるのだろう

「・・私も恋、したいな」
「えぇ⁉」
「ん?」
「今、そんな話してましたっけ?」
「あー、そだね。ごめん」
「いや、全然。いいんですけど」

絵理沙が驚いている
私が恋愛とか、そんなにおかしいだろうか

「先輩」
「ん?」
「好きな人が出来たら、絶対教えてくださいね」
「・・なんで?」
「私、全力で応援しますから」
「へ?」

絵理沙が笑っている。自分の事のように

「・・私が恋愛とか ・・変じゃない?」
「は?何言ってるんですか! 恋愛なんて自由です。誰がいつ恋愛したって全く変じゃありません」
「・・そ、か」
「特に先輩は」
「へ?」
「いえ。 とにかく応援したいんです」
「ありがと」
「はい」

 

 

心強い味方が居たんだな
こんな近くに
この味方に、呆れられないよう前を向こう
日々を、楽しみながら
選択し実行しよう

 

差し入れや挨拶などに使いたい失敗しないお土産!東京でしか買えない最新版お菓子♪11月13日更新

2018.05.25