2018年3月オープン!東京の観光でおすすめの新名所!大人の遊び場としても注目♪最新情報【4/26更新】

東京ミッドタウン日比谷 店舗 

東京オリンピックに向けて銀座エリアは今年初めにOPENし連日大盛況の商業施設GINZASIXをはじめ、続々とホテルなどが建設されるなど日に日に街はアップデートされているので、楽しみ方も増えています!東京観光はもちろん、東京や東京近郊に住んでいる人にとっても大人の遊び場としても最高のエリアだと思います。そこで、今最も注目が集まっている『東京ミッドタウン日比谷』を一足お先にチェックしておきましょう♪GINZASIX歌舞伎座など様々な東京で人気のスポットも徒歩圏内!噂のトロトロ食感のチョコレートムースやデートに嬉しいサロン「ブローバ―」も登場!!GWや連休のお出かけにもおすすめ!【4/26更新】

 

東京ミッドタウン日比谷

『THE PREMIUM TIME、HIBIYA』をコンセプトに
東京・六本木のランドマークのひとつ「東京ミッドタウン」に続き、三井不動産が満を持して実現した
ネクストスポット、『東京ミッドタウン日比谷』

”東京ミッドタウン”とは”ジャパンバリュー”を世界に発信するということをビジョンに掲げた『ブランド』で、
その街の個性を生かしながら経年優化の街づくりを目指しています。
今回選ばれた日比谷という土地では六本木のミッドタウンとはまた違った雰囲気が味わえるでしょう。

日比谷には、東京宝塚劇場や日比谷野音、帝国劇場など古くから芸術、エンターテインメントで溢れ、多くのファンから親しまれている場所でもあることから、そういった土地ならではの魅力も重要視されているそうです。

オープンは2018年3月29日(木)!

地上35階・地下4階・ペントハウス1階建てで、地下1階~7階までの商業フロアに約60店舗が入ります。

1Fには大注目のコスメセレクトショップ、イセタン ミラーメイク&コスメティクスの国内最大級ショップなどがオープン!注目のブローバ―が登場!

三越伊勢丹が展開している、「イセタン ミラー メイク&コスメティクス」(以下イセタン ミラー)は、
百貨店クオリティーのラグジュアリーなコスメブランドを1つのブースに一堂に揃えることで、高級感がありながらも、ドラックストアにいるような感覚で、様々なブランドを気軽に組み合わせたりして、自由に気軽に買い物できるほか、

ブランドに属していない販売員(ミラーガール)がひとりひとりに合ったメイク用品やスキンケアなどを多くのブランドの中から提案してくれるサービスなどで人気のショップ。
東京ミッドタウン日比谷 店舗 
画像は既存店舗です。

イセタン ミラー16店舗目となるミッドタウン日比谷店は、イセタン ミラー最大級の面積を誇る大型店舗で、ラグジュアリーブランドコスメを中心に、およそ40ブランドの製品をフルラインナップで揃えたり、これまでの店舗にはなかったカテゴリーへのアイテム拡大のほか、コラボなども展開していく予定。多くの女性の心を掴みそうな注目ショップになりそうですね。

なかでも注目なのは、ニューヨークの一流ヘアブローを気軽に体験できる新感覚サロン
『MAKE OVER BAR』
がイセタン ミラー内についにオープン!

オープン直前の2018年3月23日にTBSの人気情報番組「ビビット」でも紹介されました。

ミッドタウン 日比谷 日本初上陸
あのイヴァンカ・トランプの担当経験や、ニューヨークで長年活躍してきた超一流スタイリストの監修による技術で今までにはなかったヘアブローが受けられるそう。

アフターファイブのデートや特別な日に気軽にセットしてもらえるスポットは女性必見!

また、プロフェッショナル仕様として人気のパリ発ヘアケア製品『KÉRASTASE(ケラスターゼ)』の世界観を体現するインスティチュートサロン(真のラグジュアリーヘアエステティックサロン)として、革新的なトリートメントと先進的技術によってヘッドスパ&トリートメントなど、最新の施術とアイテムを紹介してくれる。

そのほかにも、通常のヘアサロンメニューはもちろん、ネイルサービス、メーキャップサービスも提供。

気軽にラグジュアリーな体験が可能な新世代のビューティーサロンは、是非チェックしてみて♪

 

このほかも日本初の話題の店舗などが集結。

 

トヨタの高級車レクサス日本初の体験型施設「LEXUS MEETS… HIBIYA」

東京ミッドタウン日比谷 店舗
公道でのレクサスの試乗も可能という、気軽にレクサス体験が出来るほか、ショップ内にはカフェとブティックも併設されるそう。女性にも気軽に立ち寄れる空間となっているようです。

ニューヨークで絶大な人気を集めるレストラン「Buvette(ブヴェット)」
東京初上陸レストラン 人気 
女性オーナーシェフがニューヨークウエストヴィレッジににオープンした好きな時に気軽に入れて、どこか懐かしく伝統のなメニューが味わえる日常使いのレストランとして2011年のOPEN以来絶大な人気を誇っていて、現在はパリにも店舗を構えています。

こちらもTBS「ビビット」でも紹介されました。
本場さながらのおしゃれな店内と美味しそうな映像にくぎづけ♪

ミッドタウン 日比谷 日本初上陸

日本ではご法度?!アップルパイには大胆に真上からフォークが刺さっていたり斬新な盛り付けも海外スタイルならでは!
見た目だけでも楽しい気分になりますよね♪

オーナーシェフのジョディさんは「まぁ気にしないで!」と言っていました。本当に楽しそうなお店です♪
ミッドタウン 日比谷 日本初上陸

デザートとはひと味違う、食事向けのボリューミーなワッフルサンドも海外にいる気分を味わえそうなメニュー♪

ミッドタウン 日比谷 日本初上陸

オープン以来、注目のスイーツとして今大人気噂のトロトロ食感のチョコレートムースがこちら!!

日本テレビ系列「ZIP!」で川島海荷ちゃん“うみナビ”コーナーでもついに紹介されました!

ムースとフォンダンショコラの間をとったような食感のこの大胆なチョコレートムース!
チョコレート、メレンゲ、卵黄、バターを使った秘密の配合で作られているんだとか。

ワイプにうつる杏樹さんもビックリ!笑
ミッドタウン日比谷 トロトロチョコレートムース 人気

海荷ちゃんも「おいしすぎる!」と驚きの声をあげていました♪

どうです?結構なサイズ感ですよね!でも濃厚なのに、とろける食感
ペロッと食べられちゃう。

口に入れると本当にトロトロ!流れてきたって(笑)

チョコレート好きなら絶対一度は食べておきたいチョコレートスイーツ!!

東京にしかないお菓子(スイーツ)ランキングとしても定番人気になりそうな予感♪

この他にも気軽に本場の味が楽しめるメニューが盛りだくさん。
洋食好きにはデイリーに使えるお気に入りの店としてチェックリストに入れておきたいレストランになりそうですよ♪

このように日本初上陸のなど多くの話題のショップがビルの顔となる1Fを飾ります。

 

2Fは良質で、上質でこだわりのアイテムを取り揃えたファッションフロア×食のトレンドを発信するダイニングエリア

2Fでまず、ピックアップしておきたいのは、強いこだわりを持つ”オーガニックスキンケア”とエッジの効いたメイクアップアイテムで大人気の『THREE(スリー)』が展開する食事を通した美と健康をテーマに、野菜を中心としたレストラン「REVIVE KITCHEN HIBIYA(リバイブ キッチン ヒビヤ)(仮称)」

美意識高く、健康志向の方が多くなっている近年、女性を中心大人気のレストランになりそうな予感です。
東京ミッドタウン日比谷 フード
画像はRevive Kitchen Three Aoyama

また、THREEのコスメや雑貨などを取り扱うコンセプトショップも併設することで、見た目だけじゃなく、からだの内側からも美しくといった食と化粧品を含めたトータルビューティーを提供してくれます。

 

そのほかにも、東京・代官山にある人気のビストロ ”Ata(アタ)” と新潟 ”カーブドッチワイナリー” コラボ店によるオリジナシーフードとワインが味わえる『Värmen』など一度は行っておきたい、ツウ好みのダイニングが顔を揃えています。

 

ファッションフロアで話題となっている「MASTERMIND TOKYO」もチェックしておきたい。

東京ミッドタウン日比谷 ファッション

2017-2018年秋冬シーズンからグローバル向けコレクション「マスターマインド・ワールド(MASTERMIND WORLD)」をローンチし、注目を集めたマスターマインドが世界初となる旗艦店をここ東京ミッドタウン日比谷にオープン。「mastermind JAPAN」「MASTERMIND WORLD」ともに取り扱う。

そのほか、東京・神宮前にあるセレクトショップ『well-made by MAIDENS SHOP』やイタリア発、ダウンコートやジャケットが人気の「TATRAS(タトラス)」 と世界中のハイレベルなファッションが並ぶセレクトショップ「STRADA EST(ストラダエスト)」の融合ショップ『TATRAS & STRADAEST(仮称) 』の旗艦店が青山・大阪に次いで登場。

 

3Fは大型ライフスタイルショップ、アートや音楽、美に健康など、あらゆる視点から都会的な大人のライフスタイルを提案するフロア×本物志向の食を追求したゾーン

このフロアにも初登場のショップなど盛りだくさん。

本格的に音楽が楽しめる店『billboard cafe & dining(ビルボードカフェ&ダイニング)』第1号店が注目のそのひとつ。
東京ミッドタウン日比谷 新名所カフェ

コンセプトは❝音楽と心地よい時間へのこだわり❞
大手メーカー4社の最新のオーディオ機器のそろった高音質の空間で食事やお酒を嗜みながらBGMが選べるといった、新しい音楽の楽しみ方を提案。日比谷公園を眺めるテラス席オーディオを備えた個室などがある他、レコードやCDのセレクトショップも併設されています。また、ビルボードライブに出演したアーティストたちのお気に入りやネット配信ライブやトークイベントなども今後展開していくそう。

 

商業施設に初出店のこちらも見逃せない!銀座の名店『STAR BAR』

世界のバーランキング ❝World’s Best Bars❞にも選出されているSTAR BAR(スタア・バー)GINZAの旗艦店。

東京ミッドタウン日比谷 お酒 

棚を埋め尽くす希少な銘酒のほか、季節に応じたフルーツカクテル、シグネチャーカクテルなども味わえます。
12メートルもあるカウンターも見どころのひとつです!
本当にお酒が好きな人にはたまらない、おすすめのバー。

 

そして、最大の注目株とも言えるのは、『HIBIYA CENTRAL MARKET』

1LDKなど数々の人気ショップを手掛けているクリエイティブディレクター”南貴之”氏老舗書店 “有隣堂”がタッグを組み、外国の路地のような空間に様々な商品が立ち並ぶ、小さな街のような複合型店舗「HIBIYA CENTRAL MARKET」が誕生!

本や洋服、フードにお酒、眼鏡ショップのほか、1点物のビンテージ家具を扱うお店や昭和感漂う床屋など、これまでにはない個性的で常に新しい物に出会える、ワクワクが詰まった場所になっている。
東京ミッドタウン日比谷 おすすめ店舗

 

4~5Fは都心最大級のTOHOシネマズ!

11スクリーン約2,300席の『TOHOシネマズ 日比谷』と東京宝塚ビル内のみゆき座、スカラ座の2スクリーンを一体運営することにより、全13スクリーン 約2,800席を誇る都心で最大級のシネマコンプレックスとなります。
銀座、有楽町映画館 TOHOシネマズ日比谷

映画の宮殿 THE MOVIE PALACE(ザ・ムービーパレス)』をコンセプトにデザインされた ” TOHOシネマズ日比谷 ”日比谷公園を一望できる広々としたロビーからはじまり、
今までにはなかったラグジュアリーな空間を実現!

都会の中心に居ながらにして、騒がしさから逃れた映画の宮殿 は
デートちょっとしたリラクゼーションスポットとして活躍しそう!

また、映画好きに必見の設備も魅力

TOHOシネマズ初となる3つのプレミアム体験ができる『TOHOシネマズ プレミアム シアター』を導入!
プレシャスな空間で、これまで体験したことのない臨場感を体験することができます。

プレミアム ラージ フォーマット  「イマーシブ・サウンド・システム」対応の“IMAX®デジタルシアター” ≫ ≪TCX

プレミアム サウンドカスタムオーダーメイドスピーカーシステム≫ ≪Dolby Atmos®(ドルビーアトモス) ≫ ≪スカルプト サウンド システム

プレミアム シートプレミア ラグジュアリー シートプレミア ボックス シート

さらに1番スクリーンには、舞台装置も導入され
 “HIBIYA(日比谷)・ブロードウェイ” を目指した展開をしていくという。

 

6Fはベンチャー企業やクリエーターなどを支援する交流拠点「BASE Q」

『 BASE Q 』5つのフロア構成からなる、新産業を創造し生み出すことを支援する革新的空間です。

基点を意味する「Base」と問いを意味する「Question」からBASE Q と名づけられました。
起業家やクリエーター、官公庁や地方自治体までありとあらゆるジャンルの職についている人々が集まり、この場で交流をはかることで、これまで誰も見たことがないものをつくり、新しい時代を築き、よりよい社会にすることを目指しています。

①「Q HALL」
    
新しい価値を生み出すことを目指して誕生した最大収容450人のイベントスペースホール。
最先端の情報発信や異なる分野同士のコラボ、未来社会の予測や社会課題の発掘など、 革新的でいくつかの分野をつないだ視点からイベントなどが随時開催されていく予定。

②「Q CAFE by Royal Garden Cafe 」

オーガニック食材を使ったヴィーガンメニューなどを取り揃えるヘルシーでおしゃれなカフェで人気のRoyal Garden Cafe (ロイヤルガーデンカフェ)がプロデュースする新形態カフェ。日比谷公園や皇居の緑が目の前に広がる開放的な空間に一般利用も可能な96席のカフェと個人の制作作業や打合せなどに使えるワークスペースを48席が設けられた、仕事も休憩もリラックスできる心地よい環境のカフェです。

③「Q LOUNGE」

” QからAを探索する空間 ”をコンセプトとし、様々なジャンルの企業やクリエイターが集まり、新たなビジネスの創造と拡張を目指すために運営する会員制のコミュニティスペース(面積約360㎡)新産業を生み出すための拠点としたBASE Qのメイン空間。また、2018年6月からは電通、EY Japanと共に、大手企業に対しベンチャー企業などと連携したビジネス創出活動を伴走型支援する「オープンイノベーションプログラム(仮称)」をスタートする予定とのこと。

「Q kitchen」

食分野の技術革新を加速させるためのイベントなどを開催。本格的な厨房を完備しており、ライブ中継や試食会など食にまつわるイベントの展開をしていく。着席時約30席の設置が可能なほか、”Q HALL” と一体利用によりブッフェ形式のパーティーなども開催することができます。

⑤「Q studio」

Q HALL でのイベントや展示利用などの際、リハーサルや控え室など多目的に活用できるスタジオ。遮光性・遮音性に約 約50 ㎡ の遮光性、遮音性に優れた空間となっています。

 

7Fにはミシュランガイド東京3つ星獲得の「日本料理 龍吟」が!

最新情報です! 7Fの出店未定となっていたレストランには、なんとあの『日本料理 龍吟(りゅうぎん)』が六本木からここ、東京ミッドタウン日比谷へのお引越しが決定しました!

日本が誇る代表的日本料理店『日本料理 龍吟(りゅうぎん)』とは

”ミシュランガイド東京”において、2012年以降7年連続最新ミシュランガイド東京2018でも3つ星として掲載されているほか、世界6大陸、23カ国のレストランが競うグルメ界のアカデミー賞とも呼ばれている”世界のベストレストラン50”においても2016年の時点で既に7度目となる入賞を果たしています。

天才オーナーシェフ、山本征治氏により、2003年12月東京・六本木に龍吟(りゅうぎん)はオープンし、早15年。

毎日、当日のベストな食材を使用し、すべての料理に一切、化学調味料を使わず作られるこだわり抜いた日本料理の味は言うまでもなく秀逸。また、食器そのものの美しさとシェフ独特の使い方のセンスが光る、芸術的で美しい盛り付けも相まって、世界中から賞賛され高い評価を得ている日本料理店なのです。

2012年には香港 ” 天空 龍吟 ” 続いて、2014年にも台湾” 祥雲 龍吟 ”をオープンしており、日本の豊かさを世界に発信し続けています。

臨場感ある特別なお料理の動画などもUPされています。

日比谷は、劇場や映画館などエンターテインメイント施設が充実、そのうえ有名ホテルや、皇居などが立ち並ぶ場所。
山本シェフは、そんな日比谷こそ、本物の日本料理の魅力を発信する場所としてこの上なく相応しい場所と考えたことから六本木からの移転を決めたそう。

電車利用の場合、日比谷は、日比谷駅のほか、有楽町駅、銀座駅、と六本木よりも多方面からのアクセスが便利なので、
これまで龍吟(りゅうぎん)に行ってみたかったけれど、なかなか行けなかった!という方もこれからは足を運びやすくなるのではないでしょうか。

特別な日や海外から友達が来た際などに一度は行っておきたいおすすめの日本料理店です♪

なお、東京ミッドタウン日比谷のオープンは2018年3月29日予定ですが、7F『龍吟(りゅうぎん)』は
2018年7月オープン予定となっていますので、ご注意ください。

 

地下1 Fには駅直結の都心型フードアーケード

地下鉄千代田線、日比谷線直結でアクセス抜群でオシャレなものをサクサク買い物できる!
雨の日の買い物にも嬉しい。

バラエティ豊富な8つの業態が集まった都心型フードホール「HIBIYA FOOD HALL」は本場ニューヨークのような本格的フードホールを再現しています。そのほか、これまで新宿伊勢丹本店にしかなかった博多発和菓子の名店「鈴懸(すずかけ)」やアップルパイ提供する行列の絶えない店「RINGO」
三軒茶屋で人気のベーカリー「boulangerie Bonheur(ブーランジェリー・ボヌール)」、輸入食品で大人気の「カルディコーヒーファーム」や安定のコーヒーショップ「スターバックスコーヒー」など人気店ばかりが集結!!

この他にも一度は行っておきたい気になるショップや人気のお店が揃っているので、観光はもちろん、デートや日々のちょっとしたお買い物に全力で使えそうな施設!オープンしたら是非チェックしてみはいかがでしょうか?

 

その他イベント情報

早くも4月には今後、恒例行事になりそうなフェスティバルがスタートします!

映画や演劇などイベントを開催したり、地域の広場空間としてミッドタウンの野外に設けられた、「日比谷ステップ広場」などを利用して展開されて行く予定です。
東京ミッドタウン日比谷 イベント
日比谷ステップ広場

■「Hibiya Festival」2018年4月26 日(木)~ 5月20日(日)

第一弾となるのは、日比谷という街全体をあげて観劇をもっと身近に体感してもらうことを目的としたフェスティバル。
芸術文化・エンターテインメントの中心地”日比谷”にふさわしい、ミュージカルやオペラ、舞踊、ダンスなど様々なステージが開催されていく予定。

また2018年4月26 日(木) に行われるオープニングセレモニーでは、日本を代表する演出家・宮本亜門氏の演出による特別ショーも開催。

日比谷の徒歩圏内である「銀座」宮本亜門氏が生まれ育った場所でもあると同時に演出家としてデビューされた特別な街。時代の移り変わりとともに進化を遂げるこの街を、慣れ親しんだ亜門氏がどのように表現するのかも見どころの一つですね。

主な出演者も発表されました!ストーリーテラーに大澄賢也さん、特別出演として中川晃教さんSAMURIZE from EXILE TRIBEなど豪華有名人が登場する予定です。

イベント期間中は、なんと無料で、本格的なオペラや観劇などのショートステージを見ることができます。(詳細は下記、Hibiya Step Showの項目に記載しています。)

また、周辺施設帝国ホテル日比谷公園などにおいての企画も予定されていて日比谷観劇一色のお祭りとなりそうです。
東京ミッドタウン日比谷 イベント
※イメージ画

また、フェスティバルのシンボルオブジェ「Flora(フローラ)」にもご注目♪

国際的に活躍する現代美術作家ヤノベケンジ氏の代表作「Flora」を日比谷フェスティバルのためにアレンジした特別なオブジェが登場。
宮本亜門氏の監修によるもので「鹿鳴館に憧れる少女」という着想から生まれた新しい「Flora」は、ー 日比谷
から文明が開花する ―といった意味が込められているそう。
東京ミッドタウン日比谷 イベント
※画像は代表作のFlora © Copyright KENJI YANOBE / Supported by KENJI YANOBE Archive Project

日比谷のシンボルオブジェとなるスペシャルな「Flora(フローラ)」は約4mの高さを誇る迫力の少女像。
夜にはオブジェに合わせた特別演出も実施される予定なので、昼間とはまた違った表情も楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

日比谷ステップ広場には期間限定のラウンジ『JOHNNIE & HIGHBALL Hibiya Garden』もオープン!

東京ミッドタウン日比谷 期間限定バー
スコッチウィスキー
の銘柄として世界で1番有名な ”ジョニーウォーカー”

12年以上の熟成を経た、選りすぐりの原酒のみを40種類ブレンドした『ブラックラベル 12年』をソーダで1:3で割った
「ジョニーハイボール」やブラックラベルの特徴である、スモーキーでフルーティ、そして熟成によって生まれるウッディさを一層引き立たせるスパイスなどの副材料と、一緒に飲む「ジョニーハイボール (クラフトスタイル)」などが500円 (税込)からとお手頃価格も嬉しい。春の心地良い風邪を感じながら外飲みを楽しんでみてはいかがでしょうか?

■JOHNNIE & HIGHBALL Hibiya Gardenの開催
期間:2018年4月27日~5月20日 
営業時間:平日17:00-22:00 (21:30 L.O)、土日祝 12:00-22:00 (21:30 L.O)
雨天中止

 

Hibiya Step Show

日比谷ステップ広場では、2018年4月27日(金)~5月6日(日)の10日間、ダンスや演劇、ミュージカル、オペラ、舞踊など様々なジャンルのショートステージを開催。
屋外に居ながらにして本格的な芸術を無料鑑賞することができるスペシャルなステージ。

ゲストにはアーティストとしても、これまでに30カ国を超える国々のフェスティバルなどから招待され世界的パフォーマーとして知られるサイレントコメディー・デュオ『が~まるちょば』
東京ミッドタウン日比谷 期間限定ステージ
出典:akizuki-ikedaya.blog.so-net.ne.jp

2012年Legend Tokyo chapter.2 最優秀作品賞、オーディエンス賞をダブル受賞するなどの経歴を持ち注目されている男だけのジャズダンスエンターテイメントチーム『梅棒』も登場。

出展:http://www.mitsuifudosan.co.jp/

そのほか

日比谷・日生劇場が2018年に55周年を迎えた記念として、藤原歌劇団、東京二期会とタッグを組み上演するモーツァルトの有名 オペラ4作品から選んだ名曲を、オペラ歌手が歌うミニコンサート『 日生劇場開場55周年記念公演 モーツァルト・シリーズ “オペラ 』を開催!
日生劇場 55周年
写真提供:公益財団法人ニッセイ文化振興財団(日生劇場)/撮影:三枝 近志
出展:http://www.mitsuifudosan.co.jp/

10日間だけしか観れないスペシャルステージをお見逃しなく♪

 

The Stage

前述した注目の新拠点『 BASE Q 』内にある「Q HALL」においても2018年4月27日(金)~5月6日(日)の間、進化系インスタレーション&パフォーマンスと題した「The Stage」が開催されます。

「出会いと融合」をテーマとした「体験型展示&パフォーマンス」を日本を代表する気鋭のパフォーマーたちが繰り広げる、新しい日比谷と共に進化するエンターテイントを体感できます。

出演アーティストはこちら▼▼

■が~まるちょば
言葉や文化を超えたパフォーマンスが世界的に高い評価を得ているサイレントコメディー・デュオ『が~まるちょば』 Hibiya Step Showにも出演する彼らのステージを、もっとたっぷり、じっくり見たいという人はこの機会に是非!
東京ミッドタウン日比谷 公演 
出典:akizuki-ikedaya.blog.so-net.ne.jp

■DAZZLE
ストリートダンスやジャズなど様々なダンススタイルをミックスした独特のオリジナルダンススタイルで物語性の強い作品を作り出し結成から20年を迎えた今なお人々を魅了し続けるダンスカンパニー『DAZZLE(ダズル)』
これまで国内外のダンスコンテストで様々な賞も受賞している集団です。
東京ミッドタウン日比谷 公演 
(C)飯野高拓

■累累-ルイルイ-
コンテンポラリーダンサー藤田善宏(コンドルズ)とパントマイムパフォーマー丸山和彰がジャンルを超えてタッグを組んだ「無声劇ユニット」ユニークかつ奇想天外な発想でみせる日常の道具を巧みに変化させる見立ての世界。「累累」とは積み重なっていくということを意味し、様々なアイデアが連なり続く世界観はこれまでにみたことのない楽しみがあるはず。

 

その他、アーティストユニット『オリエンタリズム』や演劇、ミュージカル、オペラなど多彩な活躍をしている広崎うらんが主宰するダンスパフォーマンスカンパニー『REVO side B』が登場。

現在ローソンチケットにて前売りチケットも販売中です。 http://l-tike.com/play/mevent/?mid=336535

 

東京ミッドタウン日比谷 店舗一覧

 

【B1F】

・DAIICHI-ENGEI(仮称)[フラワーショップ]

・トモズ [ドラックストア(医薬品、化粧品など)]

・boulangerie Bonheur [ベーカリー]

・HIBIYA FOOD HALL(仮称)[フードホール]

・Patisserie & Cafe DEL’IMMO(パティスリー&カフェ デリーモ 仮称)[カフェ、洋菓子]

・RINGO(リンゴ)[洋菓子]

・カルディコーヒーファーム[コーヒー、輸入食品]

・鈴懸(すずかけ)[和菓子]

・鈴波(すずなみ)[魚介味淋粕漬]

・住吉酒販 [酒類・食品販売、スタンディングバー]

・スターバックス コーヒー [カフェ]

・セブン-イレブン [コンビニ]

【1F】

・EYEVAN(アイヴァン) [眼鏡]

・HALO H.P.FRANCE BIJOUX(仮称)[ジュエリー、その他関連雑貨]

・PELLICO(ペリーコ) [靴、服飾雑貨]

・イセタン ミラー メイク&コスメティクス [化粧品・化粧品関連商品]

・レクサス(仮称) [車・服飾雑貨等・ カフェ]

【2F】

・203 Jewelry [ジュエリー、アクセサリー]

・A.P.C.(アーペーセー) [メンズ&レディス、服飾雑貨]

・MASTERMIND TOKYO(マスターマインド トウキョウ) [衣料品・服飾雑貨]

・REVIVE KITCHEN THREE(仮称)[飲食、物販]

・SkinAware(スキンアウェア)[ワンマイルウェア、インナー ほか]

・Smith(スミス)[文具、雑貨 ほか]

・TATRAS & STRADA EST(仮称)[衣料・服飾雑貨]

・THE NORTH FACE PLAY(ザ・ノース・フェイス プレイ)[衣料品・雑貨]

・well-made by MAIDENS SHOP(ウィルメイド バイ メイデンズショップ) [服飾雑貨、その他関連雑貨]

・クオリネスト [服飾雑貨、雑貨等]

・三陽山長 [紳士服、婦人服、靴、関連雑貨]

・TENERITA(テネリータ) [タオル、ルームウェア、生活雑貨]

・DIYA(ディヤ)[インド料理]

・lubina(ルビーナ)[シーフードスパニッシュ&タパス]

・morceau(モルソー )[カジュアルフレンチ]

・Värmen [シーフードレストラン&カーブ]

・喜久やTokyo [天ぷら]

・串揚げ 新宿立吉 日比谷店 [串揚げ]

・なだ番東京 by HAL YAMASHITA(仮称) [関西うどん&炉端焼]

・林屋新兵衛 [カフェ]

・プーケットオリエンタル [タイ料理]

・名称未定 [DEAN & DELUCAを展開するウェルカム社が手掛けるレストラン]

・名称未定 [話題のスイーツやテイクアウトフードなどの催事店舗]

【3F】

・HIBIYA CENTRAL MARKET(ヒビヤ セントラルマーケット) [アパレル、雑貨、書籍、理容、眼鏡、ギャラリー、飲食、コーヒースタンドなど]

・ISHIDA(仮称)[時計、雑貨]

・NEUTRALWORKS. HIBIYA(仮称)[メンズ、レディス衣料品、雑貨その他]

・Tempo Hibiya(テンポ ヒビヤ) [雑貨、食物販]

・TODAY’S SPECIAL (トゥデイズスペシャル) [雑貨・インテリア・食品]

・YellowKorner(イエローコーナー) [アートフォト、雑貨]

・billboard cafe & dining(ビルボードカフェ&ダイニング) [ミュージックカフェ&ダイニング]

・RESTAURANT TOYO [フレンチ]

・SALONE TOKYO(サローネ トウキョウ) [イタリアン]

・STAR BAR (スタア・バー)[バー]

・三ぶん [立ち呑み割烹 ] 
・三ぶん亭 [割烹酒亭]

・鮨なんば(仮称) [寿司]

・そばがみ [蕎麦、日本料理]

・中国料理 礼華 四君子草 [中華]

・南禅寺 瓢亭(ひょうてい)日比谷店 [日本料理]

【4F、5F】

・TOHOシネマズ 日比谷 [シネマコンプレックス]

【6F】

・BASE Q  [ビジネス連携拠点]

【7F】

・龍吟 [日本料理]

 

【詳細】
◆東京ミッドタウン日比谷
オープン予定日:2018年3月29日(木)
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2
最寄り駅:東京メトロ 日比谷駅/東京メトロ・JR 有楽町駅/(東京メトロ銀座駅も徒歩圏内)